岡山大学 生命倫理審査委員会 情報公開文書一覧

HOME > 皮膚科

皮膚科

乳房外パジェット病の血中CEA値有用性の検討

研究期間 平成29年2月24日 〜 平成32年3月31日
研究対象期間 平成16年4月1日〜平成29年1月31日
研究対象者 岡山大学病院 皮膚科において乳房外パジェット病と診断された方
研究課題名 乳房外パジェット病の血中CEA値有用性の検討pdf

難治性EBウイルス感染症に対する網羅的遺伝子解析

研究期間 平成26年7月29日〜平成34年3月31日
研究対象期間 平成22年10月26日〜
研究対象者 難治性EBウイルス感染症と診断され、検体の保管・使用について過去に同意をいただいている方またはそのご家族
研究課題名 難治性EBウイルス感染症に対する網羅的遺伝子解析pdf

日本国内の悪性黒色腫におけるニボルマブ治療後のイピリムマブ逐次治療の臨床研究:多施設後ろ向き観察研究  

研究期間 平成29年9月8日〜平成30年3月31日
研究対象期間 平成27年8月31日〜平成29年3月13日
研究対象者 岡山大学病院で、イピリムマブが投与された、ニボルマブ投与後にイピリムマブ逐次投与あるいはイピリムマブ治療後にニボルマブ逐次投与された成人(18歳以上)根治切除不能な悪性黒色腫の患者
研究課題名 日本国内の悪性黒色腫におけるニボルマブ治療後のイピリムマブ逐次治療の臨床研究:多施設後ろ向き観察研究  pdf

乾癬の病態形成におけるIL-39の役割の解明

研究期間 平成29年12月8日〜平成30年3月31日
研究対象期間 平成13年4月1日 〜 平成29年9月30日
研究対象者 当院において皮膚生検を受けられた方で、研究者が診療情報をもとに乾癬および皮膚腫瘍と診断された方
研究課題名 乾癬の病態形成におけるIL-39の役割の解明pdf

皮膚B細胞リンパ腫・偽リンパ腫における皮膚病変のFlow cytometryの有用性

研究期間 2019年9月13日〜2022年8月31日
研究対象期間 2011年1月1日〜2022年2月28日
研究対象者 皮膚B細胞リンパ腫・偽リンパ腫の治療・検査を受けられた方
研究課題名 皮膚B細胞リンパ腫・偽リンパ腫における皮膚病変のFlow cytometryの有用性pdf

乾癬患者のスクリーニングにおけるHTLV-1 感染症の陽性率とHTLV-1 抗体陽性が治療選択に与える影響を明らかにするための多施設共同観察研究

研究期間 2020年3月6日〜2021年1月31日
研究対象期間 2010年1月1日〜2018年12月31日
研究対象者 当科においてHTLV-1 抗体の血液検査を受けられた方
研究課題名 乾癬患者のスクリーニングにおけるHTLV-1 感染症の陽性率とHTLV-1 抗体陽性が治療選択に与える影響を明らかにするための多施設共同観察研究pdf

皮膚リンパ腫臨床統計調査研究

研究期間 2020年4月17日〜2023年12月31日
研究対象期間 2017年1月1日〜2022年12月31日
研究対象者 当科において皮膚リンパ腫の治療を受けられた方およびそのご家族の方
研究課題名 皮膚リンパ腫臨床統計調査研究pdf

慢性炎症性皮膚疾患の病態形成におけるAP-1,NF-kB,JAK の役割の解

研究期間 2020年8月28日〜2023年3月31日
研究対象期間 2010年4月1日〜2020年5月31日
研究対象者 慢性炎症性皮膚疾患の病態形成におけるAP-1,NF-kB,JAK の役割の解明
研究課題名 慢性炎症性皮膚疾患の病態形成におけるAP-1,NF-kB,JAK の役割の解pdf

ベキサロテン(タルグレチン)長期投与症例における後ろ向き観察研究

研究期間 2020年9月18日〜2021年7月14日
研究対象期間 2016年1月1日〜2020年6月30日
研究対象者 当科において皮膚T 細胞リンパ腫の診断でベキサロテン(タルグレチン)の治療を受けられた方及びそのご家族の方
研究課題名 ベキサロテン(タルグレチン)長期投与症例における後ろ向き観察研究pdf

当院におけるタルグレチン投与症例の検討

研究期間 2020年10月9日〜2022年8月31日
研究対象期間 2011年1月1日〜2022年2月28日
研究対象者 当科においてタルグレチンによる皮膚T 細胞リンパ腫の治療を受けられた方及びそのご家族の方
研究課題名 当院におけるタルグレチン投与症例の検討pdf

粘膜型/末端黒子型メラノーマにおけるニボルマブ+イピリムマブ併用療法の一次治療と抗PD-1 抗体無効後治療の効果に関する多施設共同後ろ向き研究

研究期間 2020年10月9日〜2023年3月31日
研究対象期間 2014年7月1日〜2020年7月31日
研究対象者 当科においてメラノーマの免疫チェックポイント阻害薬の治療を受けられた方
研究課題名 粘膜型/末端黒子型メラノーマにおけるニボルマブ+イピリムマブ併用療法の一次治療と抗PD-1 抗体無効後治療の効果に関する多施設共同後ろ向き研究pdf

皮膚リンパ腫の微小血液異常に関する研究

研究期間 2020年11月6日〜2024年3月31日
研究対象期間 2001年1月1日〜2023年3月31日
研究対象者 当科において菌状息肉症・セザリー症候群の治療・検査を受けられた方およびそのご家族の方
研究課題名 皮膚リンパ腫の微小血液異常に関する研究pdf
ページの先頭へ