岡山大学 生命倫理審査委員会 情報公開文書一覧

HOME > 矯正歯科

矯正歯科

相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発

研究期間 平成28年1月8日〜平成31年3月31日
研究対象期間 昭和54年4月1日〜平成27年12月31日
研究対象者 口腔外科(再建系)および矯正歯科において上顎の印象採得を受けられた方1200名
研究課題名 相同モデル化理論を応用した歯列石膏模型のデータ化による個人識別法の開発pdf
ページの先頭へ