市民公開講座

市民公開講座(2017年3月12日)

アルツハイマー病の発症には関連する疾患や生活習慣が要因にあると考えられています。前回の公開講座の参加者アンケート結果でも「予防に関すること」を今後の講演テーマに希望される方が多かったため、『アルツハイマー病のリスクと予防~臨床研究がオールジャパンで始まります~』というテーマで第4回市民公開講座を開催しました。今回は、岡山大学病院神経内科病院講師 菱川望先生による「オールジャパンで始まるアルツハイマー病の臨床研究について」、岡山大学病院認知症看護認定看護師 山本昌子氏による「明日からはじめる認知症予防~アルツハイマー病のリスクを知ろう!~」の講演がありました。
幅広い年代からたくさんの方にご参加いただき、「興味深い内容でした。予防=リスクを減らすこと、よく分かりました。」「心も体も元気になったように感じる講義でした。」とのご意見を多くいただきました。

Copyright ©岡山大学病院認知症疾患医療センター . All Rights Reserved.