入院前
  • TOP

    目次

  • 1

    入院治療に際して

  • 2

    入院時の携帯品

  • 3

    入院の手続き

  • 4

    保険証・医療券

入院中
  • 5

    入院生活における注意事項

  • 6

    寝具等

  • 7

    お食事

  • 8

    付添い

  • 9

    外泊・外出

  • 10

    面会

  • 11

    火災予防・非常時

  • 12

    施設の利用

  • 13

    医療・福祉相談

  • 14

    入院費用

  • 15

    入院料の支払い

退院
  • 16

    退院の手続き

その他
  • 17

    チーム医療のご案内

  • 18

    おしらせ

  • 19

    院内テレビ放送について

  • 20

    岡山大学病院1F案内図

  • 21

    院内サービス部内案内図

1. 入院治療に際して

入院治療が必要な方は、医師又は歯科医師の指示に従ってください。

■病室の空室状況等により直ちに入院出来ない場合があります。

■診療科(外来)で入院の予約をされた方には、後日、入院日を連絡いたしますので、それまでお待ちください。

■入院予定日が決定した場合にも、後日、当院の都合により変更になる場合があります。その場合は電話等でご連絡いたしますのでご了承願います。

■差額病室(13頁参照)をご希望される場合、入院日決定の際お申し出ください。ただし、空室状況等により、ご希望に添えないことがあります。

■日曜日の入院も受け付けております。特に月曜日の午前中に入院する方で、日曜日に入院が可能な方は事前にお申し出ください。ただし、医師からの説明は月曜日になる場合があります。

■当院は高度急性期病院です。当院での急性期の診療が終了され、引き続き入院での治療が必要な患者の皆様は、紹介元の病院や地域の病院等に、転院をお願いすることがあります。ご理解の程よろしくお願いいたします。

■当院は、移植実施認定施設であることから、予期せぬ緊急手術を行なうことがあります。このような緊急手術が発生した場合は、手術の予定日時等の急な変更がありますのでご了承願います。

2. 入院時の携帯品

@認印(入院保証書、手術同意書、差額病室の使用申し込み等に必要です)

A洗面用具(洗面器、タオル、歯ブラシ、せっけん、シャンプー等)

B食事に使用するもの(はし、スプーン、湯呑)

C衣類(ねまき、パジャマ(7頁参照)、下着等)、履物(すべりにくく履き慣れているもの)、バスタオル

D日用品(ふきん、ティッシュペーパー)、筆記用具、急須、お茶葉、イヤホン(テレビ用)等

E他病院で処方された内服薬をお持ちの場合は、ご持参ください。

Fお薬手帳

G懐中電灯(緊急時や災害時等に使用していただく場合があります)

Hその他、医師・歯科医師・看護師から説明を受けた文書等。

イメージ

※なお、日用雑貨は売店でもお求めになれます。

※所持品、衣服等には、お名前を記入してください。

※治療の妨げになるものは、持ち込まないでください。

※病院内で、盗難の発生する恐れがあります。

病室の床頭台内にセイフティボックスがありますが、多額の金銭、貴重品は病室に置かないでください。

詳細については、医師・歯科医師又は看護師にお尋ねください。


ページトップへ