入院前
  • TOP

    目次

  • 1

    入院治療に際して

  • 2

    入院時の携帯品

  • 3

    入院の手続き

  • 4

    保険証・医療券

入院中
  • 5

    入院生活における注意事項

  • 6

    寝具等

  • 7

    お食事

  • 8

    付添い

  • 9

    外泊・外出

  • 10

    面会

  • 11

    火災予防・非常時

  • 12

    施設の利用

  • 13

    医療・福祉相談

  • 14

    入院費用

  • 15

    入院料の支払い

退院
  • 16

    退院の手続き

その他
  • 17

    チーム医療のご案内

  • 18

    おしらせ

  • 19

    院内テレビ放送について

  • 20

    岡山大学病院1F案内図

  • 21

    院内サービス部内案内図

3. 入院手続き

病院から連絡がありましたら、指定の日時に来院し、入院棟1階の入退院センターへ次の書類を提出して入院手続きをしてください。(20.病院案内図参照)
なお、本院での入院手続き時間は、原則13:00から15:00の間となっています。 入院手続き時に@入院預り金10万円の支払いまたはAクレジットカード支払申込書の提出をお願いいたします。●詳細については、入退院センターにお問い合わせください。086-235-7612(平日の8:30〜17:00)

入院手続きに必要な書類

@入院申込書
3か月以内に同一傷病で他の病院へ入院していた場合は、その病院が発行する「退院証明書」が必要となります。

A入院保証書
入院保証書には、身元引受人(成人の家族等)、支払義務者及び連帯保証人(独立して生計を営み診療費の支払能力のある別世帯の方)の連署・捺印が必要です。

B入院についての同意書

C学生臨床実習教育へのご協力について
当院は教育機関でもあります。指導者の下で行われる学生実習にご協力いただく場合がありますので、ご承諾お願いいたします。

D保険証等(有効期限切れにご注意ください)
入院時には、保険証(“健康保険被保険者証”の通称)を必ず提示してください。公費医療受給者は、保険証と共に受給資格証(特定医療費(指定難病)受給者証等)も提示してください。また、入院中に保険証や受給資格証の内容に変更等があった場合も必ず提示してください。
なお、「限度額適用認定証」・「限度額適用・標準負担額減額認定証」(詳細は下図参照)をお持ちの方は併せて提示してください。
入院時に提示されない場合は、病院窓口で全額お支払いいただいたのち保険者へ高額療養費払い戻しの申請をしていただく場合がございます。

E診察券(IDカード)
■指定の日時に来院できない場合は、入院を予約している診療科のスタッフステーションまでご連絡ください。
■入院の手続きが終わりましたら、入院される診療科のスタッフステーションで看護師の説明をお聞きください。

その他、入院手続きについての注意事項

■交通事故、労働災害により入院される方は、特別な手続きが必要です。必ず受付時にお申し出ください。
■外来でお渡ししておりました「患者基本情報」等の用紙は記入後、病棟看護師にお渡しください。

70歳未満でご入院の方の「限度額適用認定証」または、「限度額適用・標準負担額減額認定証」について患者さんによる申請が必要ですので、入院前に保険者へ申請してください。 70歳以上でご入院の方の自己負担限度額について

※1.多数該当の場合は自己負担額が減額されます。
※2.低所得者の方が適用を受けるには、市役所等へ申請して限度額適用・標準負担額減額認定証を病院へ提示してください。
※3.特例措置対象被保険者等に係る高齢受給者証の対象者は75歳到達まで特例措置により1割です。


ページトップへ