修士課程(2年制)

  • 人材養成目的

    大学・学部を問わず自然科学及び応用科学等の多様な専門性を身につけた学生に対して、 医歯学に関する幅広い知識と技術を体系的・集中的に教育することにより、 医歯学の先端的な研究及び医療の推進に貢献し得る人材を養成します。 さらに、医学、歯学の知識を併せ持つ高度な技術者など新たなニーズに応えるための人材を養成することを目的としています。

  • 教育目標

    人材養成目的を実現するために、以下の教育目標を揚げています。
    1. 高度医歯学領域の知識・技術修得を目指す教育の推進
    2. 高度先端医療の普及及びトランスレーショナルリサーチに対応した人材の養成と研究の推進
    3. 学際的な医歯学教育・研究の推進

来たれ!ガッツ溢れる若者よ!

岡山大学医歯科学専攻(修士)は医学系・歯学系の修士課程として平成14年に開設されました。 医歯科学研究は近年最も速い速度で進歩を遂げている科学分野のひとつです。 その守備範囲は基礎的な研究分野から患者さんへの臨床応用まできわめて広いため、 効果的な遂行のためには多様な人材を必要としています。 薬学はもちろん、工学・理学・農学あるいは人文系など多くの異分野との融合と、 それに基づく人材育成が必須です。この目的達成のために医歯科学専攻が作られました。


21世紀に入り、遺伝子解析、生命・生物情報学など生命科学研究の飛躍的な発展が、 医学・医療及び歯学・歯科医療を大きく変貌させつつあります。 生命科学研究を応用した遺伝子診断に基づく新しい医学・歯学の展開、ゲノム創薬、 生体機能支援技術の 開発と実用化などが期待されています。


しかし、このような生命科学研究の発展は、医学・歯学領域のみでは成りたたず、 理学、工学、薬学、獣医学科などの周辺領域と融合することにより遂行されています。 医学科・歯学科以外の学部学科を卒業した学生も対象に受け入れ、 大学・学部を問わず自然科学及び応用科学等の多様な専門性を身につけた学生に 対して、医学・歯学に関する幅広い知識と技術を体系的・集中的に教育することにより、 医・歯学の先端的な研究及び医療の推進に貢献し得る人材を養成します。


さらに、医療情報・製薬・医療材料等の企業、国公立・民間の研究施設等では医学、 歯学の知識を併せ持つ高度な技術者を、また医療現場では臨床薬剤師、 治験コーディネーターなどの新しいエキスパートを求めている等の新たな社会のニーズに応えるための 人材を養成することを目的とします。