部門紹介

臨床工学部

臨床工学部

臨床工学部 臨床工学技士
玉井 克明(たまい かつあき)
益田 八千代(ますだ やちよ)

画像:臨床工学部 臨床工学技士

臨床工学技士とは、医師の指示を受け、機器の保守点検や生命維持管理装置の操作を行なう、いわば『医療機器の達人』です! 私たちの仕事は大きく分けて、保守管理業務と診療支援業務があります。

保守管理業務では、機器の使用後点検や定期点検、修理などを行ない、ME機器の効率的な運用を目指しています。岡山大学病院で中央管理されている機器は、非常にたくさんあります。しかし、管理は疎かにしていません。私たちは、医療機器を安全に使用できるように、最大限に有効活用できるように管理をしています。

診療支援業務は、ICUや病棟の人工呼吸器、血液浄化装置の操作を行なっています。また、手術室・透析室・輸血部・カテ室等の装置の操作や立会い業務等も行なっています。診療支援業務では、少しの操作ミスが命に関わることもあり、精神的なプレッシャーを抱える場面もあります。現場は、とても緊張感があります。しかし、チームとして治療にあたる医師や看護師から信頼を得られたとき、患者さまから感謝のお言葉や笑顔をいただいた時は本当にやりがいを感じます。

現在、新しい機器がどんどん開発され、臨床工学技士の業務範囲が広がってきています。それに伴い、高度な知識が必要とされてきています。操作にミスは許されません。万一、機器に故障が発生したとしても、患者さまの安全を確保しなければなりません。そのためには、新しい機器であっても、機器の原理・構造・危険回避等に精通しておく必要があります。私たちは、常に情報収集、常に勉強、常に明確を心がけています。

画像