トップページ
フラッシュプレーヤーダウンロード
アドビリーダーダウンロード

 

TOP第231回 バイオロンジル会



第231回 バイオロンジル会


【講演タイトル】
老化と上死化と癌化をつなぐしくみ


【演者】
愛媛県立医療技術大学 学長 井出 利憲 先生


【日程】
2011年3月15日(火) 午後6時


【場所】
記念会館2階会議室


【世話人】
大森 齊 (工学部)、池上伯郎 (林原生物化学研究所)、土屋友房 (薬学部)、友近健一 (岡山学院大学)
森 將晏 (岡山県立大学)、中西 徹 (就実大学)、保田立二 (医学部)


【概要】
分子生物学講義-シリーズ(羊土社)の著者、井出利憲先生です。日本における組織培養実験のパイオニアのひとりでもあり、広島大学時代の講義の面白さも大学ホームページにも取り上げられています。今回は細胞の老化を少し大きめな視点で考える話をしていただきます。

「細胞レベルでは,細胞の老化と上死化と癌化は密接な関係にあることがわかっている。問題は,細胞レベルの話が,個体レベルの老化と上死化と癌化の関係にどうつながるかである。この辺りについて紹介してみたい。《

職員、大学院生、学生どなたでも興味のある方はぜひ参加ください。またこのセミナーについての連絡が必要な方は保田(細胞化学・電話:086-235-7401 Fax:086-235-7404 E-mail tyasuda@md.okayama-u.ac.jp)まで連絡下さい。なおこのシリーズのセミナーは毎回大学院講義の単位が認定されます。希望される大学院生は申し出てください。


Wordファイルはこちら
 
 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

〒700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号

Copyright (C) 2010-2011 Okayama University All Rights Reserved.