トップページ
フラッシュプレーヤーダウンロード
アドビリーダーダウンロード

 

TOP第3回 OMIC事業推進セミナーご案内



岡山大学医療系キャンパス内にオープンした「おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)《は、分子イメージング技術を核とした、産学官連携による医療産業の創成を目指しております。このたび、その事業を推進するためのセミナーを下記により開催しますので、ご参加くださいますよう、ご案内いたします。

【日時】 平成23年11月16日(水) 14:00~15:05

【場所】 岡山大学鹿田キャンパス(岡山市北区鹿田町2*5*1)
総合教育研究棟1階データ解析検討室
(地図)http://www.okayama-u.ac.jp/jp/shikata_j.html

【参加費】無料

【申込】 こちら <https://sites.google.com/site/medicalokayama/Home/activity/omic-shi-ye-tui-jinsemina-1/di3huiomic-shi-ye-tui-jinsemina/di3huiomic-shi-ye-tui-jinsemina-shenshi-rumi-1> からお願いします。
また、E-mailでお申し込みされる場合は所属、役職、氏吊をご記入いただきますようお願いいたします。

【主催】 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま

◆プログラム

1 開会挨拶(14:00~14:05)
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター長  公文 裕巳

2 講  演(14:05~15:05)
「PET分子イメージングによる創薬支援:前臨床から臨床へ《

講師:浜松ホトニクス株式会社
           中央研究所 PETセンター長 塚田 秀夫  氏


欧米においては、1990年代初頭から医薬品開発にPETを活用する事を目的とした学会が設立され、いわゆるメガファーマを中心とした医薬品業界と大学等のアカデミアの間で技術交流が始まった。
一方、我が国においては、医薬品開発におけるPETの活用は10年以上の遅れを取ってしまい、2000年代に入ってようやく各社の動きが始まった。
その中で、当社では90年代中盤の米国のメガファーマからの依頼に始まって、欧米のメガファーマや国内主要医薬品会社からの委託研究の受託を経験してきた。
今回の講演では、それらの経験に基づきPET分子イメージング法の創薬支援の可能性を概説する。

(お問い合わせ・お申込先)
特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま
〒700-8558 岡山市北区鹿田町2-5-1
TEL&FAX: 086-234-0067 e-mail:medical(a)optic.or.jp
 
 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

〒700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号

Copyright (C) 2010-2011 Okayama University All Rights Reserved.