トップページ
フラッシュプレーヤーダウンロード
アドビリーダーダウンロード

 

TOPBreakthrough of the Year 2011特別講演会



演題: 椊物の光合成から学ぶ 光エネルギーの高効率人工利用

日時: 平成24年1月19日(木) 16:00~17:00

場所: 岡山大学創立五十周年記念館 多目的ホール

講師: 岡山大学大学院自然科学研究科バイオサイエンス専攻
    理学部生物学科 教授  沈 建仁(シン・ケンジン)

共催: 岡山大学理学部、大学院自然科学研究科

対象: 学生,教職員,一般の方

定員: 200人(事前申し込みは上要)

費用: 無料

概要:
本研究科の沈建仁教授と大阪市立大学・複合先端研究機構の神谷信夫教授らによる光合成タンパク質の構造解析の研究成果が、学術雑誌サイエンス(Science、米国)の「2011年における10のBreakthrough of the Year(画期的成果)《の一つに選出されました。
この研究は、光合成において光エネルギーを利用し、水を分解して酵素を発生させる反応の謎を解明したもので、昨年4月にネイチャー誌に掲載されました。
この選出を記念して、地球のエネルギー問題、環境問題の解決に貢献する画期的な研究成果について、沈教授の講演会を開催します。
 
 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

〒700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号

Copyright (C) 2010-2011 Okayama University All Rights Reserved.