トップページ
フラッシュプレーヤーダウンロード
アドビリーダーダウンロード

 

TOP平成24年度社団法人日本補綴歯科学会 中国・四国支部 専門医研修会のご案内



平成24年12月27日

会員各位殿

平成24年度社団法人日本補綴歯科学会
中国・四国支部 専門医研修会のご案内

 師走の候,先生におかれましては,益々ご健勝のことと心よりお喜び申しあげます.
 この度,下記の要領で中国・四国支部専門医研修会を開催する運びとなりました.本会のテーマは「インプラントのメインテナンスとインプラント周囲炎に対する介入の実際《とし,これからの補綴歯科学会専門医として避けては通れないインプラント周囲炎に対する理解とその対応を修得することを目的としました.講師の先生方には長期予後を見据えた治療プランニング,メインテナンスのチェックポイント,インプラント周囲炎の病態・診断・治療に関してお話いただく予定です.諸事ご多忙中のこととは存じますが,万障お繰り合わせの上,ご参加下さいますようお願い申し上げます.
 なお,準備の都合上,開始時間を12時半としております.ご参加の場合は昼食をお取りのうえ,ご来場くださいますようお願いいたします.

日 時: 平成25年2月24日(日曜日)12:30~16:30(12時受付開始)
会 場: アークホテル岡山 牡丹の間
〒700?0907 岡山県岡山市北区下石井2?6?1
電話番号 086-233-2200,FAX番号 086-225-1663
参加費: 無料
講 師: 中村社綱先生,本田貴子先生(熊本市インプラントセンター・九州)
松井孝道先生(宮崎市松井歯科医院)
座 長: 窪木拓男(岡山大学)

末筆となりましたが,皆様のますますのご健勝を心よりお祈り申し上げます.

謹白

  社団法人日本補綴歯科学会 中国・四国支部長
  窪木拓男

  本会事務担当
  園山 亘
  〒700-0921岡山市北区鹿田町2?5?1(歯学部棟8階)
  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
  インプラント再生補綴学分野内
  平成24年度社団法人日本補綴歯科学会
  中国・四国支部専門医研修会事務局
電話:086-235-6682、FAX:086-235-6684
E-mail:watarumd.okayama-u.ac.jp


インプラント治療の成否を握るメインテナンス

インプラントセンター・九州
中村社綱,本田貴子

 インプラント治療が普及し,長期経過の症例が生まれるなか,インプラント周囲炎に代表される上具合が生じることも少なくない.
 その際,私たちはそれらに対する知識と対応法を身につけておく必要があると共に,その予防と早期発見のためにメインテナンスプログラムを確立しておく必要がある.
 本講演では,インプラント治療の成否を握るのはメインテナンスであるといった観点から,

 1.継続したメインテナンスを行うために必要なこと
 2.患者教育と患者さんへの理解の得かた
 3.メインテナンスの実際(診査~処置まで)
 4.メインテナンスの間隔と設定の仕方

など,当院のメインテナンスプログラムついて紹介し,歯科医師と歯科衛生士とのコラボレーションについてもお話ししたい.

略歴 中村社綱(なかむら たかつな)
 1975年 神奈川歯科大学卒業
 1975年 九州大学歯学部付属病院医員
 1977年 九州大学歯学部文学部教官助手
 1980年 中村歯科医院開設
 1990年 医療法人スマイルライン理事長就任
 1994年 学位取得(歯学博士)
 1998年 インプラントセンター・九州 歯科診療所開設
 現在の役職:

九州大学大学院歯学研究院 臨床教授/九州大学 非常勤講師/熊本大学医学部 非常勤講師/ デンタルコンセプト21最高顧問

本田貴子(ほんだ たかこ)
 1992年 熊本歯科技術専門学校歯科衛生士科卒業
 1992~1994年 東歯科医院勤務
 1994~1996年 牛島歯科医院勤務
 1998~2012年 インプラントセンター・九州勤務
 2004~2011年 熊本歯科技術専門学校歯科衛生士科非常勤講師
 2005~  ノーベル・バイオケア社 歯科衛生士公認インストラクター


インプラント周囲炎に対する治療法の実際
松井歯科医院
松井孝道

 近年インプラント治療が急速に普及するに伴い臨床現場においてインプラント周囲炎への対応が大きな課題となってきている.
 インプラント周囲炎の治療は基本的には感染源の除去療法であり,特に感染が長期におよび骨吸収が高度になるとインプラント体の粗造面に石灰化物などの汚染が拡大し,その除染は非常に困難となる.
今回,超音波スケーラー,エアースケーラー,純チタン製ハンドスケーラー,回転切削器具,各種レーザー,薬液,Air-Powder Abrasionなど各種除染法について基礎実験や臨床例を交えて検討し,有効なインプラント周囲炎の治療法について考察を加えてみたい.
またインプラント周囲炎が及ぼすチタン表面への影響もチタンの腐食やインプラントの表面性状の観点から臨床例を交えてそのメカニズムや注意点について検討してみたい.

略歴 松井孝道(まつい たかみち)
 1981年 大阪歯科大学卒業
 1981年 大阪歯科大学口腔外科学第2講座
 1984年 大阪赤十字病院麻酔科中央手術部
 1986年 宮崎市開業
<資格>
 日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医
 日本歯周病学会認定歯周病専門医
 日本歯科麻酔学会認定医
 International Team for Implantology (ITI) Fellow
<所属学会>
 日本口腔インプラント学会 代議員
 インプラント専門歯科衛生士委員会委員
 日本歯周病学会
 日本臨床歯周病学会
 日本歯科麻酔学会
 日本臨床麻酔学会
 日本口腔外科学会
 日本補綴歯科学会
 九州インプラント研究会
 宮崎インプラント研究会

 
 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

〒700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号

Copyright (C) 2010-2011 Okayama University All Rights Reserved.