トップページ
フラッシュプレーヤーダウンロード
アドビリーダーダウンロード

 

TOP第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウム



 

関係各位殿

 

第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウムは,全国の歯学部教学関係者,海外有力歯学 部長等を集めて,盛会裡に終了いたしました.今回のテーマでありました,歯 学部を中心とした国際協力と学部・大学院教育の国際化,歯学教育機関の国際認証,医科歯科連携教育については,積極的な議論がなされ多大な成果があったものと思っております.関係各位のご協力に心より感謝を申しあげます.本ホームページより,抄録集の最終版をダウンロード頂くことが可能です.御目通し頂けましたら幸いです.

 

岡山大学歯学部長
窪木拓男

 


 

第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウム 趣意書(案)

 

 

ポスターはこちら

 

 

第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウム ご挨拶

 

  人口減少,少子高齢化,資源の高騰など,日本の医療界が今後数十年の間に解決すべき問題は多い.人口問題に関しては,今後数十年間に人口の急激な減少が生じ,日本の医療や医療産業は急激な縮小局面を迎えるかもしれない.一方,アジアの諸外国に目を向けると,十分な医療を提供できている国はほんの僅かであり,増大するニーズに従って,医師養成教育機関のスケールを拡大しているところが多い.これまでの日本が辿ってきた歯科医療の歴史を俯瞰すると,これらアジア諸外国においても,歯科疾患の生物学的予防医療を中心に据えた低侵襲治療の重要性が強調されるべきである.しかし,生物学の基盤が十分整っていない後発国においては,歯学教育は技術教育に等しくなりがちである.すなわち,本邦の生体材料学や生物学に基づいた歯科医学教育のアドバンテージはまだまだ高く,アジアの歯科臨床,教育,研究に貢献することが,日本の歯科界や歯科医療産業にとっても重要な方向性と言えるだろう.

  もう一つの大きな流れは,少子高齢化による人口に占める高齢者の割合の増加である.高齢者においては,摂食嚥下機能や免疫機能,認知機能の低下など歯科医師が注意を要し,対応しなくてはならない局面が増え,周術期管理医療や在宅介護医療現場における歯科医療ニーズは莫大となりつつある.この場に及んでは,感染管理,摂食嚥下リハビリテーション,栄養管理,精神心理学的対応など,医学的な知識と技術が必須となるばかりか,多職種連携のコミニュケーションスキルが上可欠となる.すなわち,医科歯科連携の基盤に基づく,幅広い医学教育が歯科医学教育にも必要となってきた.本邦は高齢化の面でも世界のトップを駆け抜けており,今後この経験は世界の歯学教育に応用可能な貴重な経験となろう.

  今回,第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウムを企画するに当たり,この歯科医学教育のグローバル化と医科歯科連携教育のあり方について,多くの国々の歯学教育研究リーダーを招き,議論を交えることとした.この議論が,世界の歯学教育の進歩に繋がることを心から願っている.

 

岡山大学歯学部長
窪木拓男

 

 


第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウム 内容


平成25年9月22日(日) 第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウム
平成25年9月23日(月) 第3回岡山医療教育・研究国際シンポジウム
   
場所:岡山大学創立50周年記念館
参加人数:300吊
懇親会の会費:1万円


アジアの主要歯学部を含めた,国際交流イベント


 

韓国 ソウル大学
モンゴル モンゴル医科大学
中国 大連医科大学,中国医科大学
香港 香港大学
台湾 台北医科大学
ベトナム ハノイ大学,ハイフォン医科大学
インドネシア ハサヌディン大学
シンガポール シンガポール大学
タイ チュラロンコン大学
マレーシア マレーシア国立大学
ブラジル サンパウロ大
カナダ トロント大
アメリカ ルイジアナ州立大

 


シンポジウムテーマ


 

歯学教育の国際認証
医療支援歯科
在宅介護歯科教育への道筋

歯学研究の未来

 

 


 

開催内容(予定)
September 22nd

 

13:00-15:00 International Short-Lecture Series (Okayama Convention Center)

Prof. Daniel Haas from Toronto University
Prof. Jae il Lee from Seoul National University
Associate Prof. Tong CAO from National University of Singaporeore

Prof. Henry Gremillion from Louisiana State University
15:00-16:00 Administration work and visiting at Okayama University Hospital
岡山大学での受付作業,岡山大学病院の見学
16:00-18:00

Introduction of International Educational Activities of Okayama University Dental School
岡山大学の国際交流事業の説明

 

1.Prof. Bazar AMARSAIKHAN from University of Mongolia
2.Prof. Zhenfu Lu(路振富 教授)from China Medical University
3.Prof. Changfu Sun from China Medical University
4.Prof. Guowu Ma from Dalian Medical University
5.Prof. Jing Xiao from Dalian Medical University
6.Prof. Dato’ Dr. Ghazali Mat Nor from The National University of Malaysia
7.Professor Lakshman Samaranayake from The University of Hong Kong
8.Prof. Pham Van Thuc from Hai Phong Medical University
9.Prof. Pham Van Lieu from Hai Phong Medical University
10.A. Prof. Truong Manh Dung from Hanoi Medical University
11.Prof. Suchit Poolthong from Chulalongkorn University
12.Prof. Ou, Keng-Liang from Taipei Medical University
13.Prof. Mansjur Nasir from Hasanuddin University
14.Prof. Jae il Lee from Seoul National University
15.Prof. Seong-Kyun Kim from Seoul National University
16.Associate Prof. Tong CAO from National University of Singapore
17.Prof. Daniel Haas from Toronto University
18.Prof. Henry Gremillion from Louisiana State University
19.Prof. Edward Ireland from Louisiana State University
20.Prof. Valdemar Mallet da Rocha Barros from Universidade de Sao Paulo
21.Prof. Plauto A.C. Watanabe from Universidade de Sao Paulo
22.Prof. Celso Augusto Lemos Junior from Universidade de Sao Paulo
23.Prof. Emiko Saito Arita from Universidade de Sao Paulo
19:00-21:00 Check-in and Welcome Reception at Okayama International Hotel
国際ホテルへのチェックイン,ウエルカムレセプション

 

 


 

開催内容(予定)
September 23rd

 

9:00-9:10 Opening Remarks
開会式
9:10-9:40 International Accreditation of Dental Education

International Accreditation of Dental Education - a Current Status of Japanese
Accreditation Strategy
Prof. Kouji Araki (Tokyo Medical and Dental University)
荒木孝二教授(東京医科歯科大学)
歯学教育における国際認証評価の現状と戦略 
9:50-10:10 Greeting from Japanese Government

A Strategy for Improving Dental Education in Home Medical Care by Promoting
Medical and Dental collaboration
Mr. Yoshinori Murata (Ministry of Education, Culture, Sports, Science
Technology-Japan)
村田善則先生(文部科学省 医学教育課長)(予定)
歯学教育の質保証と医科歯科連携教育
10:20-12:10 Multidisciplinary Medical Education and Dentistry

1. Dentistry as a member of multidisciplinary Peri-Operative Management
  Team: Expected roles and educational program.
Assoc. Prof. Kenji Sato (Perioperative Management Center, Okayama University Hospital)

 

佐藤健治准教授(岡山大学病院 麻酔科・蘇生科/周術期管理センター)
周術期管理チームの1メンバーとしての歯科:期待される役割と教育プログラム
   
2. Advancing Hospital Medicine with Dentistry - Research and Education in Okayama University Hospital
  Assoc. Prof. Yoshihiko Soga (Okayama University Hospital)
  曽我賢彦准教授(岡山大学病院 医療支援歯科治療部)
歯科が推進する病院医療 - 岡山大学病院の研究と教育
   
3. Educational Collaboration between Okayama University Hospital and Home Medical Care Facilities.
  Prof. Takuya Miyawaki (Vice Dean, Okayama University Hospital)
  宮脇卓也教授(岡山大学病院 副病院長)
岡山大学病院と在宅介護医療施設を結んだ在宅介護歯科医療教育
4.Educational Revolution of Home Care Dental Medicine utilizing Tama Oral Rehabilitation Clinic
  Prof. Takeshi Kikutani (Director, Tama Oral Rehabilitation Clinic)
  口腔リハビリテーション多摩クリニックを用いた革新的在宅介護支援歯学教育
菊谷 武先生(日本歯科大学)
   
12:20-13:00 Lunch Meeting for Deans
歯学部長昼食会議
13:00-14:30 Interdisciplinary Medical-Dental-Pharmaceutical Sciences

1. Periodontal Medicine to Connect Oral Science to Medicine
  Prof. Shogo Takashiba (Periodontal Science, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences)
  高柴正悟教授(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯周病態学)
全身科学としての歯周病学
   
2. Streptococcus mutans Genome and Ethnicity
 

Prof. Michiyo Nakano (Pediatric Dentistry, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences)

  仲野道代教授(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児歯科学)
Streptococcus mutansのゲノムの国際比較
   
3. Molecular Imaging connecting Basic Science to Pharmacy
  Prof. Shuichi Enomoto (Pharmaceutical Analytical Chemistry, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences)
  榎本秀一教授(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 医薬品機能分析学)
分子イメージングが基礎研究成果を創薬につなぐ
15:00-17:00 Integrative Biology as a New Scientific Act

1. Cell sheet technique for tissue regeneration
  Prof. Masayuki Yamato
Tokyo Women's Medical University
  大和雅之教授(東京女子医科大学)
細胞シートを用いた組織再生
   
2. Next-generation DNA sequencing
 

Prof. Masateru Taniguchi
Osaka University

  谷口正輝教授(大阪大学)
次世代シークエンサーが開く個体医療
   
3. DSLM for live cell and tissue image
  Assoc. Prof. Shigenori Nonaka
National Institute for Basic Biology
  野中茂紀准教授(基礎生物学研究所)
17:30-19:00 Sightseeing in Koraku-garden (a classic Japanese style garden)
後楽園散策
19:00-21:00 Farewell Party at Arate-Saryo
荒手茶寮での懇談会
22:00- Stay at Okayama International Hotel
岡山国際ホテル

 

 
 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

〒700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号

Copyright (C) 2010-2011 Okayama University All Rights Reserved.