トップページ
アドビリーダーダウンロード

 

TOP共同利用機器の利用について


共同利用機器の利用について

 大学院医歯薬学総合研究科共同利用機器「小動物用MRI装置」の利用要項を改正しましたので、今後はこちらの利用届を  animal-mriokayama-u.ac.jp 宛てにご提出ください。
まずは事前審査を行いますので、電子ファイルとしてご提出ください。

 

小動物用MRI装置および実験環境の概要

 

 

 

 使用可能動物

マウス、ラット、ハムスター、スナネズミ

 

 撮像可能部位

マウス脳(2 cmφ×2 cm)、マウス全身、ラット脳(4 cmφ×4 cm)

 

 組換えDNA 実験の封じ込めレベル

P1A

 

 動物の搬入・搬出

撮像終了後の個体・死体は各研究室に持ち帰ってください。
MRI 室(薬学部100 号室)、および薬学部内での飼育はできません。
1ヶ月以上の長期観察実験の場合は、動物資源部門津島南施設を飼養保管施設として、
MRI 室(薬学部100 号室)との間で再搬入・搬出が可能です。

 

 使用料金

1.学内者  30分あたり7,500円
2.学外者 30分あたり22,500円

 

 申請書類

1.  利用要項(PDF)
2. 利用届(MSExcel)

 

 利用届について、小動物用MRI装置管理・運用委員会にて事前審査を行います。

 必要に応じて加筆訂正をお願いした後、正式に提出された利用届の受理をもって利用可能となります。

ご不明な点は animal-mriokayama-u.ac.jpまでお問い合わせください。

 
 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

〒700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号

Copyright (C) 2010-2011 Okayama University All Rights Reserved.

EDIT at 2021/02/17 10:43:52