創立150周年に向けて

トップページ >創立150周年に向けて

  • 岡山大学副学長 許 南浩 ~岡山大学医学部の10年ルネッサンス~
  • 岡山大学医学部長 淺沼 幹人 ~「創立150周年」の意義~
岡山大学副学長 許 南浩

我々の原点に立ち返る。岡山大学医学部の10年ルネッサンス

創立150周年記念事業実行委員会の設立
岡山大学医学部・鶴翔会は、創立150周年に向けた10年間をルネッサンス期間と位置づけ、21世紀の新たな飛躍に向けた創造的な取り組みを展開することとなりました。本広報誌を発行する創立150周年記念事業実行委員会はその活動の中心であり、先導役を果たすものであります。この度の記念事業は、単に創立150周年を寿ぐのではなく、岡山大学医学部の多くの先輩諸氏が築いてきた良き伝統を受け継ぎ、次の時代を見据えた更なる発展の礎としていくことが重要と考えております。そのためには、考え方、基本理念を明示し、堅持して、事業推進にあたらなければなりません。
何故、今「ルネッサンス」なのでしょうか?
14~16世紀のイタリアを初めとする西欧諸国で起こったルネッサンスは人間復興とも訳されるように、考えること、判断することの多くを神(具体的には神と人を仲介する教会関係者かも知れませんが)に委ねていた中世(暗黒)時代を抜けて、再び人間が自らの輝きを取り戻し、主体的に考え行動しようとする試みではなかったかと思います。近年、医学・医療は大いに進歩しました。しかし、静かに振り返ってみると、私たちは激しい科学の進歩や溢れる情報に取り込まれて、人そのものを主体に考える姿勢が弱体化している恐れがないとは言えません。医療に対する国民の不満も、このことと無関係ではないと思います。岡山大学医学部の伝統は、その出身者が地域の第一線の医療機関で病に苦しむ人々に直接向かい合って高度の医療を施し、同時に医学部・大学病院はそのような人を育て、先端医療を開発して支援をしてきたことにあります。私たちは今こそこの「人」を基軸とする医学・医療への取り組み、一言で言えば「あなたのそばに先進医療」という原点に立ち返って新しい時代の要請に応える存在になろう、というのが、10年ルネッサンスの基本理念だと思います。この回帰すべき原点は、岡山大学医学部創生期の熱い志であり、長い歴史の中で常に追い求められてきた究極の理想であり、個人史ならば医を志した初心でもあるでしょう。
心は形に表れ、形は心に働きかける。
岡山大学医学部はこのように自立した主体性のある人間が集い、お互いに切磋琢磨して学び合う場でありたいと思います。その絆は学内だけではなく、鶴翔会会員は勿論、広く地域の医療人、さらには一般の社会にも広がっていきます。このように開かれた環境の中で初めて、「心」「知識」「技(Art)」の三要素を兼ね備えた人材を育てることができるのです。心は形に表れ、形は心に働きかけます。従って私たちは形にも心を砕かねばなりません。「形」とは、人の立ち居振る舞いから始まって、人が相互に作用し合うシステム(教育、医療を含めて)のあり方、建物やキャンパスのたたずまい、すべてを含むものだと思います。計画の中にある新ホールの建設や医学資料棟の復元・改修も、こうした人の心、活動、絆の中に位置づけられてはじめてその輝きを持つのだと思います。岡山大学医学部並びに鶴翔会の会員、関係者が心を一つにして協働し、この10年ルネッサンスの取組が次世代育成、医療、ひいては社会一般において次の時代を切り開く原動力になるように、心より願ってやみません。

▲ページの先頭へ戻る

岡山大学医学部長 淺沼 幹人

岡山大学医学部長 淺沼 幹人 ~「創立150周年」の意義~

歴史から学ぶ
岡山大学医学部は明治3年(1870年)設立の岡山藩医学館を礎とし、令和2年(2020年)に150周年を迎えます。これまでに、1万2千人以上の卒業生を医師、医学社、医療人として多くの関連病院、学術機関、行政機関へと輩出し、地域に支えられ地域に貢献する医学部であり続けています。医学館の設立趣意書である「医学館永久愚考」(1867年)には「医学館を永続させるためには、まず良い教師を選考し教授とすること。藩医の子弟から町医者の子弟まで広く生徒を募集すること。学業・医術に優れている者には俸給あるいは格禄を与えるべき。教授に欠員あれば最も優秀な生徒を教授とすべし。」と述べられております。これは現在でいう医学部医学科のアドミッションポリシーと教育理念「医の倫理に徹し、科学的思考法と高度の医学的知識を体得し、社会的信頼を得るに足る臨床医並びに医学研究者を養成し、もって人類の健康と福祉に貢献する」に通ずるものです。幾多の時節、存亡の危機あるいは時勢の変化にしなやかに、そして時に大胆に対応しながらも、これまで先輩方が150年間守り続けてきた志がそこにあります。岡山大学医学部の歴史を振り返り先輩の軌跡を学ぶことにより、50年、100年先に向けた医学部のあり方を考えたいと思います。

ページの先頭へ戻る