トップページ
フラッシュプレーヤーダウンロード
アドビリーダーダウンロード

 

TOP=博士課程・修士課程共通=



=博士課程・修士課程共通=

休学・復学・退学・内地留学・海外留学・改姓などに関する手続き

休学・退学等に関する手続きは次のとおりです。各様式をPDFファイル形式で掲載していますので,ご使用ください。願出にあたっては指導教授の承認が必要ですので,承認印を得た上で,提出してください。


【休学について】


  1.  疾病,その他やむを得ない事由により,2ケ月以上修学することができない場合は,医師の診断書(病気・けが等)又は詳細な理由書を添えて「休学願」を提出し,許可を受けた場合,休学することができます。

  2.  休学する期間は,「休学願」を提出する月の翌月以降の月の初日から1ケ月単位です。休学期間は通算2年までですが,学長への申請及び許可により更に1年以内の休学が可能です(3年以上の休学はできません)。

  3.  休学期間は在学期間に算入されません。ただし,通算3ケ月以下の場合に限り,在学期間に算入します。

  1. 【休学を希望する場合】
  2. 休学願の提出について
  3.   希望する休学期間開始月の前月1日(1日が休日の場合は,その翌日)までに
  4. 下記の担当窓口へ「休学願」を提出してください(指導教授の承認が必要です)。
  5.   なお,休学は,下記の担当窓口が「休学願」を受理する前の月日にさかのぼって願い出ることはできません。 必ず,休学を希望する期間より前に下記の担当窓口に「休学願」を提出する必要があります。
  6.    <例>
  7.     10月1日からの休学を希望される場合は,9月1日までに「休学願」を提出してください。
  8.     また,休学期間の終了時期は,休学開始年度の3月末までを限度とします。
  9.     翌年度の4月以降も休学予定の場合は,直前の2月中に翌年度分の休学願を提出して
  10.     ください。

  11.  休学は,「休学願」を提出すれば必ず許可されるというものではありません。事前に指導教授と下記の担当窓口に相談してください。
  12.  なお,休学許可期間を過ぎると自動的に復学となります。

  13.    ・「休学願 提出時アンケート」の提出について
  14.      博士課程の学生で休学を願い出る方については,休学者全体の状況を統計的に把握
  15.      するためのアンケートを提出していただくことになりました。
  16.      休学願の提出時には「休学願 提出時アンケート」を記入のうえ,休学願に添えて添え
  17.      てご提出ください。

  18.  ■「休学願」・「理由書」・「注意事項」・「休学願 提出時アンケート」(PDFファイル形式)
  19.     ※ 平成22年4月より様式が新しくなっています。以前の様式は使用しないでください。


  20. 通算休学期間について
  21.  休学は,通算2年まで可能となっていますが,特別の事情がある場合は,さらに1年の休学が認められることがあります。


  22. 休学中の授業料について
     原則として休学期間中の授業料は免除されますが, 申請する時期によっては,休学は許可されても授業料は免除されない場合があります。また,課程修了時期にも関係がありますので,早めに下記の担当窓口へ相談してください。
  23.   <授業料が免除にならない例>
  24.     5月に「6月1日から翌年3月31日まで」の休学を願い出た場合:
  25.      前期分授業料を全額納入しなければなりません
  26.        (納入済みの授業料は返還されません)。
  27.      後期分授業料は免除になります。

  28.  休学許可期間を過ぎると自動的に復学となり,復学期の授業料を支払う義務が生じます。
  29.  引き続き休学を希望する場合は,休学期間終了前に再度休学願を提出してください。
  30.  
  31. 【注意】休学開始期間以前の授業料について
  32.  休学願を提出する際には,休学開始日のある半期の前の半期の授業料を納入していることが必要です。
  33.  例えば,後期から休学しようとする場合は,前期分の授業料を納入しておく必要があります。ただし,前期分の授業料が免除されている場合は,前期分の授業料を納入しておく必要はありません。


【復学について】


  1.  休学期間中に休学の理由が解消した場合は,復学することになります。
  2.  復学を希望する場合は,希望する復学開始月の前月1日(1日が休日の場合は,その翌日)までに下記の担当窓口へ「復学願」を提出してください(指導教授の承認が必要です)。
  3.  なお,復学は,下記の担当窓口が受理する前の月日にさかのぼって願い出ることはできません。
  4.  また,月の途中で復学する場合,授業料については日割り計算が出来ません。復学する月の授業料は満額が発生します。
  5.    <例> 7月15日から復学する場合
  6.         発生する授業料:7月分(満額),8月分(満額),9月分(満額)

  7. 「復学願」(PDFファイル形式)

  8.        ※ 平成22年4月より様式が新しくなっています。以前の様式は使用しないでください。
  9.           1ページ目と2ページ目を両面印刷で出力してください。


【退学について】


  1.  退学を希望する場合は,希望する退学月の1日(1日が休日の場合は,その翌日)までに下記の担当窓口へ「退学願」を提出してください(指導教授の承認が必要です。
  2.  また,授業料を未納付の方は,退学が許可されません)。
  3.  なお,退学日は月末日とし,下記の担当窓口が受理する前の月日にさかのぼって願い出ることはできません。

    「退学願」(PDFファイル形式)

  4.        ※ 平成22年4月より様式が新しくなっています。以前の様式は使用
  5.          しないでください。
  6.           1ページ目と2ページ目を両面印刷で出力してください。


【研究指導(内地留学)について】


  1.  教育研究上有益と認めるときは,他の大学の大学院又は研究所等において必要な研究指導を受けることができます。ただし,修士課程の場合は,研究期間が1年を超えることはできません。
  2.  希望する研究指導開始月の前月1日(1日が休日の場合は,その翌日)までに下記の担当係へ「研究指導願」を提出してください(指導教授の承認が必要です)。
  3.    注)交流協定等のない大学・研究所の場合は,承認までに時間がかかることがありますので,
  4.      ご注意ください。

    「研究指導願」(PDFファイル形式)


  5.  なお,研究期間の終了時期については,研究開始年度の3月末までを限度とします。
  6.  翌年度の4月以降も先方での研究指導を受ける場合は,直前の1月末までに研究期間延長の申請をしてください。
  7. 「研究指導期間 変更願」(PDFファイル形式)



【海外留学について】


  1.  本学が教育上有益と認めるときは外国の大学等への留学ができます。
  2.  留学を希望する場合は,受入承諾書等を添付のうえ下記の「留学願」を担当窓口へ提出ください。
  3.       「留学願」(PDFファイル形式)

 

     また,留学期間が変更になる場合は,下記の「留学期間変更願」を提出ください。

 

  1.       「留学期間変更願」(PDFファイル形式)

 

    注)1.「留学」は,在学期間に算入されます。

  1.    2.「休学(留学のため)」の場合は,「休学」の手続きになります。
          ただし,大学院医歯(薬)学総合研究科(医学系)において,学位申請論文の取扱いが「留学」と「休学(留学のため)」では異なりますので,ご注意ください。


【改氏名・本籍変更について】


  1.  婚姻等の理由により改姓・本籍変更をされた場合は,届け出てください。
  2.  添付書類として,変更の事実を証明する変更年月日のわかる公的書類(戸籍抄本 等)を提出してください。※原本を提出してください。

  3.  改姓名の届出をされた場合,氏名を変更した新しい学生証を発行します。新しい学生証は届出を行った翌月以降に交付します。

    「改氏名・本籍変更届」(PDFファイル形式)



【旧姓の使用について】


  1.  学籍簿及び各種証明書の発行等において旧姓の使用を希望される場合は,「旧姓使用申出書」(戸籍抄本添付)を提出してください。
  2.   なお,入学願書,TA・RA等雇用に係る文書などについては旧姓を使用することができません。

    「旧姓使用申出書」(PDFファイル形式)

 

【社会人大学院生への変更(昼夜開講制への変更)】


  1.  一般から社会人への変更(昼夜開講制)への変更を希望する場合は,下記の例に従い,書類を準備し手続きをおこなってください。

    「社会人大学院生への変更」(PDFファイル形式)

 

【海外渡航届】


  1.  海外渡航(私事渡航含む)する場合は.,下記の届け出を提出ください。帰国後は,直ちに帰国したことを事務担当窓口へ報告(電話)してください。

  2. 「海外渡航届」(PDFファイル形式)



【担当窓口】

    ■ 博士課程(医学系)・修士課程

       岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 学務課教務グループ 大学院担当

       〒700-8558 岡山市北区鹿田町2丁目5番1号

       TEL 086-235-7986

       e-mail kdf7986@adm.okayama-u.ac.jp

 

    ■ 博士課程(歯学系)

       岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 学務課教務グループ 歯学部担当

       〒700-8558 岡山市北区鹿田町2丁目5番1号

       TEL 086-235-6627

       e-mail mag6627@adm.okayama-u.ac.jp

 

    ■ 博士課程(薬学系)          

       岡山大学大学院医歯薬学総合研究科等 薬学系事務室 教務学生担当

       〒700-8530 岡山市北区津島中1丁目1番1号

       TEL 086-251-7923

       e-mail ngg7923@adm.okayama-u.ac.jp

INDEX
休学について
復学について
退学について
研究指導(内地留学)
留学について
改氏名・本籍変更について
旧姓の使用について
社会人大学院生への変更
海外渡航届


このページのお問い合わせはこちらまで

 
 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
  〒700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号 
Copyright (C) 2010 Okayama University All Rights Reserved.